■観戦日記Figure - Dream on ICE in 2017

初めてDOIを見に来たのは、2012年の夏でした。 (↓詳細はこれ) それから毎年、毎年、足を運んでいます。 最初はただ、ただ羽生結弦を見たくて行っていたのですが、だんだんこのショーの位置づけが分かるようになります。 大抵の選手はここで新しいシーズン…

■2017年の半分を振り返る 6月-June

バレーボールにハマる前の私の6月はたいていアイスショーのシーズンで。 あっちに行ったり、こっちに行ったりしてたけれど、今年の6月はバレーボール一色。 楽しみにしていた龍神NIPPONのWLが2日に始まり、ネット観戦からスタート。 事前にメンバーを見て、…

■2017年の半分を振り返る 5月-May

GWが始めると、気分は5月。 普通に花見をしない私は毎年、青森で開催されるお花見カーリングでお花見を堪能します。 お花見もできて、カーリングも出来て、日本酒も飲めて、お魚も美味しい。 こんな幸せのために時速300kmの旅に出ます。 東北新幹線で、青森…

■2017年の半分を振り返る 4月-April

新しい生活が始まるシーズン。最近の私は毎年、同じようなルーティンを繰り返しているのですが、そのルーティンの中にどんどん新しいルーティーンが加わってきます。 周りにも、止まったら死んじゃうんでしょ、と言われる始末。 いいんですよ。回遊魚ですか…

■2017年の半分を振り返る 3月-March

Vプレミア、ファイナル6。 勝ってほしくて、蒲田で、カツを食べてから行ったけれど、結果は欲しがってたものにはならなかった。 このシーズンのサントリーサンバーズを象徴するような試合展開。 大事なところでの1点が、大事なところでの1セットが取り切れな…

■2017年の半分を振り返る 2月-February

2月はカーリングの日本選手権からスタートします。 ここ数年、軽井沢、常呂、青森、そして、軽井沢と毎年、現地観戦しています。 応援しているチームがあるのです。 彼らはみんな仕事をしながら、カーリングをしています。 なかなか思うようにも練習時間が取…

■2017年の半分を振り返る 1月-January

2017年も半分が終わってしまいました。 毎年、毎年、そのスピードの速さに驚いています。 歳を重ねていくとその時間の感覚は加速度を増していくようにも思えて。 そして私自身の活動も歳を追うごとにその範囲が広がりすぎて、、、。 もう、収集がつきません…

■僕たちの未来 〜新しい龍神NIPPON その4 私の世界を変えた男〜

今のところ、私の見えてる世界を変えた男がいふたりいます。 ひとりめは羽生結弦。 ふたりめは石川祐希。 彼の存在は普通の人ほどしか興味のなかった男子バレーの世界に私をどっぷり引き寄せました。 時間も、お金も、もてるもの全てでその活躍を追いかけた…

■僕たちの未来  〜新しい龍神NIPPON その3 大舞台が人を作る〜

彼がイタリアでシニアに合流したと聞いた時、ちょっと働きすぎじゃない?と思っていました。 イタリアに留学して、帰ってきて大学の春季リーグに出て、U23アジア予選で準優勝し、ユニバの東アジア地区予選で優勝し、そして、シニア代表に合流するためにイタ…

■僕たちの未来  〜新しい龍神NIPPON その2 覚醒した彼〜

いろんな選手が活躍してるこの大会。 その中でも、驚くほど、安定した活躍を見せてるのが、柳田くん。 イタリアの親善試合から、コートの上での彼は頼もしいことこの上なくて。 もともと、魅力的な選手でしたが、ここまでの安定感はいままで感じたことがあり…

■僕たちの未来  〜新しい龍神NIPPON その1〜

彼らの姿を見た時、あんなにキラキラしてたっけ?と自分の目を疑いました。 Vプレミアや大学で見てきた選手が代表のユニフォームを着て、コートで躍動する姿を見ることは、代表の試合しか見てなかったときのそれとは全く違っているように見えて。去年、その…

■それは傲慢というモノ 〜誰かにとっての一番と、君にとっての一番は一致しない その2〜

バレーボール沼は思ったよりも深くて広かったんです。というのも、日本代表を見てハマってから、選手を追いかけて、大学バレー、Vプレミア、春高観戦。カテゴリを広げすぎたってのもあるんだけど、次から、次へと芋づる式に広がっています。多分、競技として…

■それは傲慢というモノ 〜誰かにとっての一番と、君にとっての一番は一致しない その1〜

2012年、羽生結弦にハマって、フィギュア沼に足を踏み入れました。2015年、石川祐希と柳田将洋にハマって、バレーボール沼に足を踏み入れました。どの沼も底なしで今はどっぷり浸かっています。どの世界にも独特の世界観があります。ハマっていく過程でその…

■新しいチームの躍動 〜関東大学男子バレー 春季リーグ観戦〜

大学バレーの春季リーグは初めての観戦でした。石川くん効果?で体育館はどこもちょっと遠いところ。私が見に行ったのは、福太郎アリーナと小田原アリーナ。福太郎アリーナは新鎌ヶ谷駅という初めて降り立つ駅にありました。ま、遠いよね。しかも、この日は…

■「ヒカリ」あれ 〜柳田将洋の挑戦に思う〜

そのニュースを聞いたとき、あまりに突然のことで受け止めるのにちょっとだけ時間がかかりました。 確かに彼には海外でその力を試して欲しかったけれど。ただ、もろもろを考えると難しいことかもしれないと思っていたから。彼の言葉の端からもまだ環境が整っ…

■カーリング男子の世界選手権を見よう! 〜NHKの本気は続く〜

女子の出場が決まったところで、今度は男子です。もう、SC軽井沢の皆様はカナダ入りしているようです。試合が楽しみでしょうがありません。 ここのところ、カーリングに対するNHKの本気には驚かされてばかりです。こんな記事も書きました。 そして、今度は男…

■【速報】カーリング女子、オリンピック出場決定

ネットの波にのって遊んでいたら、嬉しいニュースが。カーリング女子が来年の平昌オリンピックに参加できることになりました。 カーリングのオリンピック出場はオリンピックの前の2シーズンの世界選手権の順位でポイントがついてその合計値で上位8チームが…

■NEW龍神NIPPON発表 

待ちに待った2017年のバレーボール全日本男子チームの発表がありました。 なんとなくコーチのニュースなんかがちらほら出て来ていたので、そろそろかな、と思っていましたが、それは唐突にやって来ました。 ■選出されたメンバーはこちら ↓ リオオリンピック…

■終わりは始まり  〜2016/17 Vプレミア男子バレー観戦 3〜

試合には負けちゃったけど、まだサントリーにはファイナルに行く可能性は残されていました。ジェイテクトと堺の試合の結果、堺が勝てば。でも、神様はそんな他力本願は許してくれませんでした。会場でその試合を見てて、複雑な気持ちです。普段だったら、間…

■終わりは始まり  〜2016/17 Vプレミア男子バレー観戦 2〜

そんなシーズン観戦の最終の2日。サントリーは2勝したら1位通過の可能性もあったから、だいぶ、わくわくした感じで会場に向かっていました。土曜日はスーパーシートだったんだけど、サイドの2列目はあれはないわ。売ったらだめですよ、運営の皆様。ほんと、…

■終わりは始まり  〜2016/17 Vプレミア男子バレー観戦 1 〜

3月5日で私の今シーズンのVプレミアの試合観戦が終わりました。もともと、この後はカーリングの予定があったり、なんだりで、F3やファイナルには行かない予定ではありましたが、一番応援していたサントリーサンバーズがF3に進めなくなって、思いの外、ロスっ…

■カーリング日本選手権を終えて  その2

女子の戦いはもっと壮絶でした。下馬評通りなら、決勝戦はLS北見と北海道銀行だったのでしょう。でも、その場に立ったのはLS北見と中部電力でした。去年、北海道銀行は富士急に敗れて、決勝に進むことができませんでした。その試合を会場で見ていて思ったこ…

■カーリング日本選手権を終えて  その1

もう、あれから1週間以上の時間が経とうとしています。 本当は観戦から帰ってきた情熱のまま書けたらよかったんだけれども、いろんな気持ちが交錯して、ようやく言葉を綴れるかな、と思えてきた感じです。誰を応援していいか分からなくなるくらい普段からよ…

■NHKの本気に何度もびっくり! 〜カーリング日本選手権〜

私にとっては恒例のカーリング日本選手権の時期がやってきました。冬季アジア大会のある今年は例年よりも早めのスケジュールです。応援しているチームが日本選手権に出場していることもあって、ここ数年、現地観戦に出かけています。軽井沢、常呂、青森。常…

■違う色のユニホームを着た君の姿 〜リベロ石川祐希 ラティーナ先発出場〜

前の週の試合でピンチサーバで起用されたのを見て、そろそろ試合にも出てくるだろう、と予測してました。週末のスポーツニュースでも特集が組まれたししてたし、よし、これは、きっと、と期待が高まります。だから眠い目をこすりながら、2時ちょっと前に起床…

■「カメラの腕はお金で買える」と店員は言った。

年末にカメラを買いました。最近、私が買った「モノ」の中では本当に高い買い物です。(よく、清水の舞台から、飛び降りたな、私)ご存知のようにフィギュアの羽生結弦さんがらみでは車一台ぶんぐらいはすでに投資しているのですが、それは積み重なったそれ…

■寒くって、並んでも、食べたくなるお食事 〜蒲田:檍 (あおき)〜

応援しているサントリーサンバーズが連敗中だったので、試合を見る前に、今日はカツを食べよう、と仲間と決めていました。ネットでいろいろ検索して、蒲田駅の近くで美味しいかつが食べられるお店を探しました。 蒲田駅東口から3分くらいのお店です。ちょう…

■頑張れサラリーマンカーラー達! 〜まもなく、カーリング日本選手権開催!〜

22日の日曜日にカーリング中部選手権が軽井沢で開催され、日本選手権の中部代表が決まり、日本選手権に出場する全チームが出揃いました。 ■参加チームリスト■予選の対戦表 以前にもご紹介しましたが、このカーリング日本選手権は今年は軽井沢で開催されます…

■頑張れ!サントリーサンバーズ 〜ホームゲーム観戦 1/21,22〜

週末、21日と22日はサントリーサンバーズのホームゲームを現地観戦しに太田総合体育館に行っていました。サンバーズの試合を生で見るのは、12月の天皇杯で東レに負けて以来です。いつもの「バレーボール友の会(なんてレトロなネーミングw)」のメンバーに…

■いい試合だった、でも負けた。 〜圭の全豪オープン〜

初戦をフルセットで苦戦してから、わりといい調子で勝っている来ていたので、やっぱり山場はフェデラーだと思っていました。試合を重ねていくうちにジョコビッチが負け、マレーが負けたというニュースが入って来て、GSをとるチャンスがやって来たのか、と。…

■「カルテット」というドラマ 〜私の知っている軽井沢?〜

録画でカルテットというドラマを見てました。内容はさておき(これから面白くなるのかもしれないので)、何が楽しかったかって、舞台が軽井沢なんですね、これ。もう、最初から、お、ツルヤで演奏?とか。これはカインズホームだよね、とか。この道はあそこ…

■観戦日記 〜KEI 2017/01/18〜

今日は全豪オープンの二回戦。一試合目がフルセットで試合時間も長かったので、今日は、あっさり終わりたいところだったと思うのですが、まあ、なんというか彼らしいというか、ブレイク合戦。見る方はハラハラです。それでもブレイクされた後に、すぐ、取り…

■男子カーリングを見て欲しい! 〜2017年 カーリング日本選手権〜

カーリング男子がオリンピックに出たのは20年前。ちょうど、長野オリンピックでカーリングが冬季オリンピックの正式競技になったとき。北海道のチームが出場して、アメリカとの激戦の末、決勝リーグに進めなかった試合。カーリングをよく知らなくても、あの…

■観戦日記 〜YUKI & KEI 2017/01/16〜

今年はスポーツ観戦記録を何となく残しておこうと思う。 ■1月16日(月) 2:00〜 Ratina vs Monza 3-0 いろんな情報から、そろそろ石川くんがラティーナで試合にでるんじゃない?と思って、早めに布団に入って、2時に起床。前日にストリーミング観戦のための…

■おしらせ 〜ブログご紹介〜

今年はコンスタントにブログを書こう!と決めていますが、フィギュアとバレーのディープな記相変わらず、別ブログで書いていこうと思っています。(あまりにディープすぎるのでw) 今日、書いたのは、これ。彼のことを語ると熱くなりがちですw。 ■今日の記…

■必要なこととはみんな漫画が教えてくれた その1 〜バレーボール観戦の予備知識〜

次から次へとスポーツ観戦にはまっている私。基本的にどっぷり浸かりたいタイプなので、知り始めるとどんどん深いところにズブズブとハマっていきます。とはいえ、やっぱりルールブックを読むとか、技術本を読むというようなアプローチにはなりにくいもので…

■Girls, be ambitious! 〜頑張れ!あおもりユース〜

私の娘のようなカーリング仲間がジュニア世界選手権に出場することになりました。あまりに嬉しかったのでちょっと記事にしてみようかと。彼女と知り合ったのは私が青森で開催される「お花見カーリング」という大会に参加した時でした。なぜ、彼女と仲良くな…

■錦織圭とGSの夢を見る 〜ブリスベン国際〜

錦織圭の第1戦目、ブリスベン国際は準優勝に終わった。このままさらっと優勝してしまうのかしら、と思わせるような準々決勝までの流れだったけれど、ディミトロフがよかったのもあったし、2セット目の途中で脇腹に異常があったみたいだったので、これも仕方…

■軽井沢オープン 〜毎年恒例のカーリング始め〜

2017年のカーリングの初めは軽井沢オープン。だいたい、私の1年はこの大会からスタートします。多分、2008年くらいからほぼ毎年参加してるんじゃないかな?(調べればわかるけど、面倒臭いww)最近の私は、がっつりカーリングをするというより、久しぶりに…

■春高バレー  〜番狂わせだらけのカード〜

バレーボールを真面目に追いかけたはじめたのは2016年。2015年に石川くん、柳田くんのプレーを見て、徐々にバレーにハマりはじめたのですが、2016年はOQTを見に行ったあたりから加速度的にバレーが面白くなりはじめて、危険な状態に、どんどん、進んでいます…

■「海賊とよばれた男」という実話

海賊とよばれた男 単行本 上下セット [単行本] [Jan 01, 2012] 百田 尚樹 [単行本] [Jan 01, 2012] 百田 尚樹 [単行本... 作者: 百田尚樹 発売日: 2012 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 何年前のことだったろう?この本を仕事仲間から勧めら…

■カーリングという競技の距離感 

年末にいつも一緒に遊んでいるカーラーに「頑張って」と声をかけました。世界と戦いに向かう彼らにできたことはそんな些細なことでした。 もう、カーリングと出会って10年の月日が経ちました。私がカーリングを始めたのはトリノオリンピックの年だったから20…

■箱根駅伝を見る理由 1/2-1/3

もう、何年も、何年も年始に同じルーティンをこなしている。第九がないと、忠臣蔵を見ないと(私だけ?)年末が終わらないように、私のお正月は箱根駅伝がないと始まらない。 いつから自分のルーティンになったのか?もう、思い出せないけれど。 母校が毎年…

■何を書けば続くのか?(実験w)

2017年を迎えました。さて、今年は何に頑張ろう?と考えた時、ふと頭をよぎること。ブログは何度も、何度も、続けようと思いつつ挫折を続けていることのひとつ。どうしたらこれが続くのか、今の私には分っていないので。 まずは続けることを目的に試行錯誤し…

■映画鑑賞 「高台家の人々」 2016.06

もう一本も漫画をベースにしたもの。 高台家の人々 コミック 1-5巻セット (マーガレットコミックス) 作者: 森本梢子 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/05/25 メディア: コミック この商品を含むブログを見る この映画に斎藤工さんが出ると聞いて、先に…

■映画鑑賞「MARS」 2016.06

週末は恋愛映画強化月間(w)のため、2本も映画を見てきました。基本はイケメン鑑賞が目的ですw。 ■MARS 〜ただ、君を愛してる〜 原作はこちら。 MARS 全15巻完結(講談社コミックスフレンドB ) [マーケットプレイス コミックセット] 作者: 惣領冬実 出版社…

■「翻訳できない 世界のことば」–エラ・フランシス・サンダース

翻訳できない世界のことば 作者: エラ・フランシス・サンダース,前田まゆみ 出版社/メーカー: 創元社 発売日: 2016/04/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 今日、この本が届きました。ネットで見かけてとても気になっていた一冊です。 …

【TIPS】海外送金って?なにそれ、美味しいの?

2017年のフィギュア世界選手権の開催はヘルシンキです。ヨーロッパはやく8年前にくらいにカーリングがらみでプラハに行ったくらいで、あまり縁のない場所です。今まで、フィギュアの海外観戦はカナダ、中国、アメリカに行ったけど、チケットはたいていネット…

■オリンピック雑感-私たちにできること。

オリンピックで次々と予定が進んでいく。メダル候補と言われていた種目でも、メダルをとれていない競技もある。ニュースで見ると「メダルを逃しましたね」という一言で終わってしまう。リアルタイムでその試合を見ると、その壮絶さが少し分かる。例えば、モ…

■2013年の私。

今日は31日。 2013年が終わろうとしています。 毎年、毎年、1年間のスピードが速くなってるのでは?と錯覚するくらいの感覚になる。 のぞみに乗って外の風景を眺めていると、酔いそうでじっくり見ていられないそんな感覚に似ている。 そんな私の2013年を時系…