【Sports】2020年東京オリンピック開催によせて

朝方、2020年の東京オリンピック開催が決まりました。最後はマドリッドの方が優勢だという噂もあり、福島の汚染水問題もあり、また、遠くへ行ったのかと思ったけれど、関係者の努力が実った結果として、7年後にはオリンピックがやってくるのです。どんなスポ…

【Technology】ネット世界とのつきあいかた 2

ネットの世界にはコンテンツが溢れてます。それは自分で作られたものから、加工したもの、そして転載、引用。あらゆる形で情報が提供されています。 前の記事にも書いたけれど、人の良心を信用してデータを公開するのは、オオカミばかりの檻にウサギを一緒に…

【Technology】ネット世界とのつきあいかた 1

こういうネタはできるなら書きたくはないのだけれど、ネットとの距離感を上手く取れてない人を見て、やっぱり少し書こうかと思います。 今は簡単に情報共有ができる世の中になりました。昔は1MB程度のファイルを添付して送ることですら、ネットの帯域を圧迫…

【Myself】川の水は冷たい-ラフティング

今年の夏休みの冒険は「ラフティング」。 去年は「キャニオニング」に挑戦し、真夏の川遊びが気持ちいいことを知ったので、今年はちょっと趣向を変えてこれを。 新宿発着のバスツアーを利用していきましたが、これがリーズナブル。水上までのバス往復の交通…

【News】「図書館戦争」の世界がやってくるのか?

私にとって今週の2つの衝撃的なニュースは「図書館戦争」という小説を思い出させた。 ■「風立ちぬ」に禁煙学会がクレーム■「はだしのゲン」閲覧を制限 というもの。風立ちぬは映画、はだしのゲンは漫画ではあるけれど、どちらも同じように深い問題がそこに存…

【Curling】40.7℃でカーリング!

先週末は山梨で山梨オープンカーリング大会という大会に参加して来ました。毎年、この時期に行われる大会で、勝ち進むと桃がいただける大会です。土曜日の甲府はなんと40.7℃。もう、それは日本の気温とは思えないくらいの猛暑。立っているだけでも汗が噴き出…

【Business】エンタープライズソーシャルって?

■Enterprise Social Festival 20138月1日に上記のイベントに参加してきました。 「エンタープライズ・ソーシャル」はその名の通り企業内で利用するソーシャルを示す表現です。私自身も「ソーシャル」なソフトウェアを売っていますが、企業内でこのソーシャル…

【Myself】時間によって熟成されるもの

金曜日の夜、とても懐かしい人たちと一緒に飲んでいました。だいたい、10年くらい前から数年にわたり同じプロジェクトで仕事をしていた人たちです。同じ会社の人でもなく、同じ目的に向かって進んでいた仲間でした。 そのプロジェクトそのものはとっても大変…

【Myself】再度、習慣化を身につけよう

自分の中で何かを習慣化することはできます。でも、その習慣が何かの理由で崩れると、同じペースに戻すのにもの凄くパワーがいります。 この3ヶ月くらいいろんなことが自分にあって、今まで習慣化していたものがガラガラと崩れました。一度、崩れてしまうと…

【Myself】生き物のすがた

夜。娘と歩いてたら、イモ畑でおじさんが働いてる。大変ですね、と挨拶したら。近くの小学校がイモ堀に来るんだけど、子供が掘ったイモの大きさが違うとクレームする親がいるから、出来るだけ均等に育つよう間引きしていて大変だとの返事。僕はホラー映画以…

【Way of Life】安藤美姫の告白に思うこと

昨日の午後、ゆづの所属先決定のニュースが出て、夜もその話題で持ちきりかと思っていた。まさか、夜のニュースで衝撃的な美姫ちゃんのニュースを聞くことになるとは想像もしませんでした。ぼんやりと、他のテレビドラマを見ていて、ふっと、iPhoneに目を移…

【Drama】八重の桜 - 激動の時代の生き抜き方

10本ほどたまっていた「八重の桜」を昨日からまとめて見ていた。やっと、9日分の放送にたどり着いた。最新の3本くらいは本当に涙なしでは見れない構成になっている。時代劇が大好きな私は幕末に関する本はたくさん読んだし、ドラマもたくさん見た。その見え…

【Myself】スピードは加速する

いつも思うのですが、何か物事が動くときというのは、ひとつ、ひとつ、動くというよりは、流れがもの凄い勢いでやってきて、自分をさらっていく、そんな気がします。 例えば、カーリング。トリノオリンピックの頃の私は、まったくカーリングなんて知りません…

【Myself】どこまで整理されているのがいいのか?

流行りはじめの頃からGTD(Getting Thing Done)に関する本を読んだり、タスクの整理や管理に関する記事には興味があってブログ記事もたくさん追いかけたし、今はiPhoneの便利なツールも自分で探してダウンロードしたりするのですが。それなりの努力は自分な…

【Sports】ブラジル ワールドカップ予選突破 -2013年の熱気

日本は当たり前のようにワールドカップに出るようになったのだとテレビを見ながら感じていた。確かにすっきりしない引き分けの試合だったけれど、ピッチにいた彼らの目標はワールドカップ出場ではない。その先にある何かに向かって走っている。 ザッケローニ…

【Drama】My favorite Drama-空飛ぶ広報室

ドラマを見るのも好きです。もともと活字が好きで本もたくさん読むのですが、それと同じくらい、ドラマや映画を見るのが好きです。「物語」という世界が好きなのかもしれません。 いま、一押しのドラマは「空飛ぶ広報室」。最初はどんな展開になるか全くイメ…

【Myself】高い目標に近づくこと

小さな目標をもって、こつこつとそれを実現していくことも凄いことだと思うのだけれど、私は高い目標を一つ掲げて、そこにたどり着くためにどのように歩いていくか、と考えているときにワクワクするタイプです。自分ができそうな目標だと挑戦する気がなくな…

【Music】My favorite songs-Bonnie Pink 「Last Kiss」

私はJ−POPがもの凄く好きです。音楽を聞くとき、音と、歌詞のバランスと、その歌から、シーンがイメージできるものがきっと好きだからじゃないかと。洋楽だと、簡単な英語でないと、ぱっと、受け取ることができないので。ま、もっと、英語が分かるようになっ…

【Curling】ゴールデンウィークはカーリング三昧

最近は毎年の、恒例になってるのですが、ゴールデンウィークは私にとってはカーリング三昧の日々です。今年は前半は青森に3日、後半は岡谷に3日間。計70エンド近くの試合をしてきました。 思えば2006年にカーリングを始めてから、翌年の2007年以降は、カーリ…

【Myself】しなかった選択はいつかすることになる

いろんな理由で敢えて選択を避ける時があります。そのときはそれが一番、正しいと信じてやり過ごします。それは逃げではないとずっと自分では信じていました。でも、敢えてしなかった選択は、必ずいつか、するはめになると最近、感じています。先送りにした…

【Myself】早起きのこつ

時間を活用したいと思ったら、朝活、と単純に思って、計画を立てるのですが。なかなか、起きれないのはなぜでしょう。でも、カーリングとか、遊びに行くときは起きれるし、どうしても朝早く仕事で出かける時には起きれるのだから、やっぱり甘えなのでしょう…

【Myself】心を揺さぶる言葉

正しいと信じていても、なかなか結果につながらないとき、自分を疑わずにいられないときがあります。信念を持っていても、それを守りきれないときもあります。そんな思いに心がもやもやして、先が見えない、そんなときが一番、苦しいな、と感じます。しばら…

【Myself】優しい人は、強い人。

今日はこのネタを羽生くんの応援ブログではなく、自分のブログに書く。どっちに書こうか迷ったけれど、これは普遍的に言えることだから。今年のフィギュア世界選手権では彼は苦い思いを味わったのだと思う。期待されずに参加した昨年は3位、金メダルも期待さ…

【Myself】さくら、散る。

桜という花が好きなのはいつからだろう。昔の文学では「花」は桜を表していたという。日本人は本当に、本当にこの花が好きだ。日本人というDNAの中に組み込まれている「散り際の美しさ」みたいなものを体現しているからなのだろうか? 私が人生の中で見た桜…

【Sports】男子のカーリングも面白い!

■Japan pulls off Ford Worlds upset with win over Canada今日の朝、びっくりなニュースをFacebookで知る。カーリング男子の世界選手権で日本のチームがカナダを破ったという一報。一瞬、文字を見間違えたかと思うくらいにびっくりした。カーリングに馴染み…

【グルメ】鳥藤 at 築地市場

今日の昼間は雨もひどかったのに、わざわざ、並んで食べたのは、これ。親子どんしお、というメニュー。本当に、本当に、こんなに美味しい親子どん、食べたことないよ〜、という一品。実は、最近、この近所のお客様に行くことが多くて、プロジェクトのメンバ…

【Myself】浄化-デトックス

久しぶりにお休みにしました。心も体もちょっとだけお疲れモードだったので。何と言うか、体が動かないとか、やる気が起きないというレベルのお疲れではなく、自分の中にワインのように「オリ(澱)」がたまるようなそんな感じ。それは日々、日々生活してい…

【Myself】「新鮮さ」を保ち続けること

朝の光とともに沸き上がるものは何だろう。今日、新しく目に見えるものは何だろう。 今日の自分への問いかけには答えがありません。だけど、ふと、考えずに、いられなくて。「新鮮さ」を保ち続けることって、とても難しいのかな、と。でも、そうでありたいと…

【Myself】終わりと始まり

明日から4月。もう春。私の大好きな冬が終わろうとしています。確かに私は冬が大好きなのです。でも、春になる瞬間も好きだったりします。なんというか、コートを脱いで、ちょっと軽くなって、つい駆け出してしまいそうな感覚。体がちょっとばかり、軽くなっ…

【風景】桜舞う風景

何だか、慌ただしくて、じっくり、桜を見ている時間もなく。いつも思うけれど、忙しい、という言葉は心をなくすこと。ふと、それに気づいて、深呼吸をしながら、タクシーの車窓から桜をみると、もう、風に花びらが舞っていた。ああ、もう、短い桜のシーズン…

【Myself】旅に出たいな。

ふと、旅に出たい気分になりました。南の島でぼーっと一日中、波を眺めながら、昼間から飲んだくれて、好きな本を読んだり、うつらうつら寝たり、起きたり。無性にそんな生活がしたくなるときがあります。でも、しばらくそんな余裕はなさそうなので、写真で…

【Technology】GoogleReaderからどこへ行く?

GoogleReaderを止める決意のあと、どう行動するか、ちょっとだけ悩んだ。止めるのはいいけれど、今まで集めていた情報をどうしようか、とふと考える。他のRSSリーダーサービスを使うことも考えたけど、どれもUIが残念すぎて、長く使える気がしなかった。そう…

【Myself】パワーをくれる人たち

昨日、かつて一緒に仕事をした人たちと楽しい時間を過ごしました。もう、一緒に仕事をしたのは8年も前のこと。それぞれ、立場も変わって、所属も変わって、あの頃とは全く違うポジションになっていたけれど、仕事に対する思いや熱さが変わらない元気な人たち…

【Myself】無駄を削ぎ落とすこと

Google Readerのサービスが終わると聞いて、さて、どうしようかと思案する。最近はこういうとき、これは私に本当に必要なものなのだろうか、と考えるようにしている。自分のやるべきこと、持ち物が多すぎると感じているからかもしれない。やるべきことをまず…

【Technology】すでにそれは道具ではない。

急に仕事用のパソコンが壊れた。プロジェクタにつないだ時に、フリーズして、再起動をしたら、ブルースクリーンになってしまい、回復不可能に。それが水曜日の11時頃のことでした。パソコンはよく道具と言われますが、ふと、仕事ではもう、それ以上のものに…

【Myself】記録と記憶

あれから2年が経った。忘れてはいけないと思いながら、記憶はだんだんと薄れていく。そのために記録があるのだろう、と思っている。その日のことを書いた日記を引っ張りだしてみた。あの時、私は何をして、何を考えていたのかを感じてみようと思ったから。直…

【Myself】言葉にまつわるエトセトラ

ちょうど、読書をしたいサイクルがやってきました。年に数回、そういう気分になるようです。こういう時は、無性に活字に触れたくなって、ものすごい勢いで本を読みます。そして、本だけでなく、歌にも触れたくなるみたいなのです。 そう、要するに、無性に「…

【Myself】時間という癒し

今日は3月3日か、なんて、感慨深げに日付を見ながら、とっても大事な日を全く忘れていことに気づく。私の弟の命日は3月1日。ちょうど、1998年、長野オリンピックの年だった。あれから何年たったのだろう?もう、あれから15年。私もあのときから15歳も年をと…

【Myself】卒業という儀式

毎年、この時期になると卒業ソングを歌いたくなります。そして、youtubeに作ったプレイリスト「卒業ソング」集を、この時期になると、ヘビーローテションしています。桜と卒業の切ない感じのイメージがとても好きなんだと思います。桜は私にとって潔さの証し…

【Sports】羽ばたく人々へ

カーリング仲間がミックスダブルスという種目で日本選手権で優勝し、世界選手権に出場することが決まりました。カーリングのミックスダブルスという種目はカーリングの新しい種目で、オリンピック種目でもないので、4人制カーリングに比べると少し地味で、日…

【Myself】そして、僕は途方に暮れる。

ブログのタイトルにしたこの言葉。 好きだった曲のタイトル。 その時、好きだったのは、歌詞の内容だった。 「一つ残らずキミを悲しませないものを、君の世界のすべてにすればいい」 というそれ。 そんな世界は訪れないことを、その頃は知らなかったんだろう…

【Myself】He inspired me.

「羽生結弦」 いま、この名前は私のテンションを恐ろしく高くする。 彼の存在が私を熱病のような状態にする。 もう、こんなテンションがずっと続いている。ある意味、恋よりタチが悪い。この少年の存在が自分のちっぽけなプライドや向上心を煽りまくる。18歳…

【Myself】Turning point

あの瞬間がまさにそのターニングポイントだったと気付くのは、たいていは、ものすごく時間が経ってからだったりする。もう一度、あの場所に戻ってその選択をやり直してみたい、と思ったことはあるだろうか、と自分に問いかける。実は、やっぱり、こうすれば…

【Health】一日の平均歩数

日々、きちんと運動ができればいいのだけれど、なかなかまとまった時間もとりづらいこともあって、なるべくたくさん、歩こうと心がけています。普通に生活をしているとたいてい8000歩くらい歩きます。その中でも、エスカレータやエレベーターを使わないよう…

【Myself】情熱の赤

昔は白とか、黒とかの色のないものがかっこいいと思ってたし、洋服も、持ち物もそんなものばかりを選んでいた。それはもしかしたら、自信のない無難な選択だったのかもしれない。いまでもそんなに自信があるわけではないけれど、自分の好きなものを躊躇なく…

【Myself】今しか出来ないこと、をする。

2013年になった。毎年、1年の計は元旦にあり、ということで今年の目標というか、やりたいことをリストアップしている。じつはこのリストアップの作業は何かを実現する上でとても大事な作業。言葉にすることで、それを何度も見ることで、実現に近づくのはここ…

【Sports】Road to Sochi

そろそろブログタイトルを羽生結弦応援ブログと変えようかと思うこのごろ。 昨日、ようやくGPFが終った。 結弦くんは残念ながら、2位だった。 「ああ、残念」とつぶやきながら、本当に残念なのか?と問いかけた。 彼は去年、4位でメダルを逃している。 今年…

【Sports】「変化しつづける」ことを選択できる強さ

もう、このブログは羽生結弦ブログだな、とふと思ったり。羽生くんを見ていると何か言葉をつづらなきゃいけない気がしてくる。ただのオタクだってことはもう、百も承知です。今シーズンの結弦くんを見ていてすごいな、と人間として感心するのは、この子は「…

【Sports】Seventeen's Map - 17歳の地図

自分が17歳のとき、一体、どんなだっただろう。と、彼の演技を見ながら思っていた。 もう、その演技は人間の領域には見えなかった。 たった17歳でどこまで行ってしまうのだろうと、心の中には賞賛と、 そして、なぜか、一抹の不安がよぎってていた。 神様は…

【Myself】オリンピックに思うとこ

今日の朝、早起きをしてオリンピックの開会式を見ました。イギリスらしい演出を楽しみながら、夕方からはいろんな競技をテレビで、行ったり来たりしながら、ちょっとだけ、考えたこと。まだまだ、始まったばかりだけど、世界一になることって、とっても大変…