読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【スポーツ】17歳の決意

f:id:t_seria:20120426214249j:plain










楽しい勉強会に参加して、ちょっとだだけ、お酒が入って、家に帰ってきて、
私を驚かせたのは、羽生結弦くんのコーチが阿部さんから、
ブライアン・オーサーに変わる、という衝撃的なニュースでした。

いろんな方が複雑な思いをブログで綴っていました。
ものの見方はいろいろあるのだと思います。
何となくいやな感じがするというのも分からなくもないですし、
陰謀説ももっともらしく思える側面もあります。

でもね、そんなことどうでもいいや、と私は思うのです。

だって、どんな経緯にしろ、彼がそれを選択したのだから。
それも誰のためでもなく、自分が挑戦するために。


私はこのニュースを見て、
この少年は19歳のソチオリンピックに勝負をかける気だ、
と思ったのです。

その後、仙台のテレビのインタビューをyoutubeで見ました。

その中ではソチオリンピックに出場することが目標と言っていましたが、
私にはそんな生易しい目標で彼が満足できるとは思えなかったのです。
買い被りでしょうかね?

もしかすると、あの世界選手権で表彰台に立つまでは、
本当にソチオリンピックは出ることが目的だったのかもしれません。

あのロミオとジュリエットの渾身の演技が、すべてを変えたのかもしれないと感じました。
世界中のフィギュアファンの心を動かした、あの神がかった演技です。
自分が目指すべき、その場所への光が見えたのかもしれませんね。


まだ17歳、高校3年生。
高校生活の中でまだやり残したこともあるのでしょう。
それなら、高校を卒業してから、海を渡るという選択もあると大人は考えます。

カナダという環境はさておき、コーチはあのブライアン・オーサーです。
上手く行っても、行かなくても、マスコミが騒ぐことも想像できます。
そして、キムヨナの名前がついてまわることも。

その上で、それを選んだ彼からのメッセージは「本気」だ、というそれです。
世界と戦って、表彰台の一番上に立つために、今、しておかなければならないこと、
それを考えたんじゃないかな?と。


そんな決断のできる17歳。
もう、ただ驚くばかりです。

もちろん心配です。
そんな風に生き急がなくても、君ならたどり着けるのに、と思ったりもします。
環境が変わって、失うものもたくさんあるかもしれません。
それでも、彼はきっと、輝くそれを手に入れたいのでしょう。

私たちファンがそんな彼にできることはもう温かく見守ることだけです。
一歩でも彼が夢に近づいていけるように、応援しつづけることだけです。
私はこのニュースを聞いて、ますます結弦くんのファンになりました。
男前だよね、本当に。

 

人が何かに向かって、邁進する姿は、
それを見てる人に、とてつもなく大きな力をくれますね。
私も何かに挑戦し続ける、人生でありたい、とそう思いました。

次に彼が氷上でどんな演技を見せてくれるのか、本当に楽しみです。
やっぱり、Dream on  Iceのチケット買おうかな?
一度は生で見てみたいと、そう思えてきたから。

そして、コーチの選択が正しかったのかは、来シーズンの結果を見てから、
判断しても遅くないかな、と思う。
もちろん正しかったと思えることを祈るような気持ちで願いいたいと思うのですが。