読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Myself】不思議な力

f:id:t_seria:20120517220050j:plain

私にはいくつかの能力があります。
そりゃ、誰にでもあるよ、と突っ込む人もいるでしょう。
自分の力でコントロールできないちょっと面白いスキルです。

 

ひとつはセンサー。
新しく誰かと出会うとき、私の中で「危険信号」が光ることがあります。
目の前にいる人は至極、普通の人に見えたり、それどころかとってもいい人に見える場合でも、自分の中から「警告」が出てくることがあるのです。

昔はその直感を信じませんでした。
きっと大丈夫、と思い込みたかったのでしょう。

 

でも、それがいい結果に繋がったことがなく、たいてい「警告」が出たひととは何らかの形で上手く行かなかったという経験をたくさんして、最近は無条件に「警告」を信じるようになりました。
たとえ第一印象がよくても、私は「警告」を大事にしています。 
きっと、いつかそれが現実になる、そんな予感がするからです。

もちろん、この才能はとっても気に入ってます。
最近、人にこっぴどく裏切られることがなくなったな、と感じるのは、
そのせいかもしれません。 

 

もうひとつは雨乞い。
これもコントロールできないのが 残念なところですが、
恐ろしく高い確率で雨や雪を降らせたり、場合に寄っては台風を呼びます。
たいていはわくわくしたり、楽しみにしている予定がある時は、
かなり高い確率で雨が降ります。


学生の頃から雨、雪に関する武勇伝は数限りなくあって、説明しきれないほどです。
友達には砂漠に行けば、神になれるよ、とよく言われます。
でも、砂漠で「神」になってもカーリングは出来ないので、行くことはないと思いますが。

雪不足の年にスキーに行きたい時は、ぜひ、声をかけてください。
そんな用法が正しいと思います。

 


それから、ばったりと人に出くわすというわけの分からないスキルがあります。

何年も会っていない人にイベント会場でばったり会ったり、
山手線に乗ろうとしたら、開いた扉から中学の同級生が降りて来たり、 
私への手紙を書いている友達のいるファミレスにばったり入ったり、
インストラクターとして講習会場に行ったら、大学の後輩がいたり、

そうして縁のある人とはちゃんと繋がるように出来ているのです。
よくいませんか?何度、約束してもちゃんと会えないのに、約束をしなくてもばったり何度もあえてしまう人。
見えない運命にそうやって翻弄されているのかもしれません。 


このスキルには、この人、苦手だな〜、とか、どうしても一緒に仕事したくないな、と思う人は気付くと遠くへ行ってしまうという反作用もついてきます。
これはつい最近も発揮したばかりです。

どれも、積極的に使うことのできないものですが、この不思議な力は、
私の人生から災難をさけ、生きやすくしてくれている、と思うのです。

 

これも、超能力かな?