読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【風景】桜舞う風景

f:id:t_seria:20130329001629j:plain

何だか、慌ただしくて、じっくり、桜を見ている時間もなく。
いつも思うけれど、忙しい、という言葉は心をなくすこと。

ふと、それに気づいて、深呼吸をしながら、
タクシーの車窓から桜をみると、もう、風に花びらが舞っていた。
ああ、もう、短い桜のシーズンは終わるんだ、と思いながら。

桜をみると、思い出すシーンがある。
思い出す人がいる。
涙でよく見えなかった、あの風景を思い出す。

伝えられなかった言葉を思い出す。

だから、桜舞う風景をみると、ふと、歌いたくなるのだろう。
あの頃、よく聞いた彼女の歌を。
今日は気づいたらメロディーを口ずさんでいた。

 

好きだった歌詞。
「誰にも卒業できない恋もある」


 

 

 

あったのかな、私にも?