読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Myself】スピードは加速する

f:id:t_seria:20130615091026j:plain

いつも思うのですが、何か物事が動くときというのは、ひとつ、ひとつ、動くというよりは、流れがもの凄い勢いでやってきて、自分をさらっていく、そんな気がします。


例えば、カーリング。
トリノオリンピックの頃の私は、まったくカーリングなんて知りませんでした。
確かに長野でちらっと見たような記憶はないわけではなかったけれど、
強いイメージは残っていなかったような気がします。
もともと、あまりスポーツが得意でなかった私が、まさか、この2013年まで、
続けているとはそのときは想像もしていませんでした。

カーリングにはまった理由はいろいろありますが。
やっぱり人との繋がりにあるのかな、と感じたりします。
大人になると、仕事と関係のない友達ができることは滅多にありません。
仕事で頼りになる人や、尊敬することに出会うことはもちろんあるけれど、
それとはまったく違う次元で仲良くなれる人が増えることは本当に不思議で、
そしてありがたいことでした。


そして、今年はもう一歩、前に進む決断をしたところです。
新たな環境で、新たに、自分なりにどうやって進んでいくかを考えています。


それから、フィギュア。

去年の3月に羽生くんに出会ってから、怒濤のようにこの世界に惹きられました。
まさか、遠征までして、現地観戦をするようになるなんて、思いもよりませんでした。
もちろん、羽生くんのダントツのファンですが、見ていくうちに好きになる選手が増えたり、シングルだけでない、楽しさも知ることになります。


そして、現地観戦をしている中で、また、新しい出会いがありました。
フィギュア観戦に行かなければ、出会えなかった人たちです。
頻繁に会えるわけではないですが、同じ趣味を持った人たちと繋がることで、
思いは加速していくようです。

迷っていた海外観戦にもどうやら行きそうな勢い。
カナダで行われるグランプリシリーズを観戦にいく予定になりました。
これも一人で行くと思っていたら、実現しなかったのかもしれないと思うと、
この人との出会いによる加速感が半端なく面白いと思えるのです。

こんな風にまったく関係のないカーリングとフィギュアという二つのスポーツは、ソチオリンピックという大舞台で繋がっています。

さらに、プライベートと仕事は遠く離れているようで近くにあります。
仕事でも英語を勉強をしなきゃな、と思っていると、
海外に行こうなんて話が盛り上がったり、趣味のために、英語が必要になったり(情報を集めるために海外サイトをするする読みたいとか)。
まるで複数のことがスパイラルのように絡み合って、思いは加速するものなのだろうな、と実感したりするのです。

また、不思議なのが、そういうのって、タイミングがぴったりと合うようにできているんですね。
スピードがあがる瞬間がぴったり。

ということで、7月はさらに加速する時期になりそうです。
どこまで走り続けられるか分かりませんが、さらにギアを切り替えて走ろうと思います。

 

これ以上、趣味が増えないことを祈るしかありません。
だって、中途半端に関わることが苦手なんです。
でもね、さすがにこれ以上、増えたら、体とお財布がもちません。