読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Movie】久々の試写会、衝撃のインタビュー -「STEVE JOBS 1995 〜失われたインタビュー〜」

f:id:t_seria:20130925231059j:plain

お友達に誘われて映画の試写会に行きました。
何年ぶりでしょう。
何だか、とってもワクワクして、会場に着きました。

 

その映画は「STEVE JOBS 1995 〜失われたインタビュー〜」という1995年にドキュメンタリーTVシリーズの番組のジョブズのインタビューのノーカット版。
その番組自体はインタビューの一部を利用して放映されていて、そのマスターテープは消失してしまっていたとのこと。
それが監督のガレージからビデオテープが発見されたため、修復し、映画化したもの。

 

70分のジョブズのロングインタビュー。
ちょうど、ジョブズがアップルに戻る前、NeXTのCEOだったころのインタビュー。

なぜ、コンピューターを作ろうと思ったのか、という話から、ウォズと知り合ってからの発明といういたずらの話、そして、アップルを作るに至った経緯、MACを作ったチームの話、そして、どうやってアップル社から追い出されたかという話まで。

 

とつとつと過去を語る言葉にはよどみがなく、冷静に振り返っている感じの語り口でした。

言葉のひとつひとつが重くて示唆に富んでいます。
それこそ、ひとつひとつ言葉を書き留めたいくらいの衝動に駆られていました。(無理だけど)この人が見ていた世界は、決して私たちの目には映らないそんな世界だったのかもしれません。

「プロセスではなく、コンテンツ」であるとか、
「コンピュータを作ることは目的ではなかった」とか、
「コンピューターはコミュニケーションの道具だ」とか、

すべては彼が作ったものが私たちに教えてくれたことです。

彼は自分で作った、コンピュータすら、スマートフォンやタブレットという新しい道具で陵駕する世界を見ることなく、この世を去ってしまいました。
それでもジョブズは笑うのでしょう、きっと。
「コンピュータを作ることが目的」ではなく、「コミュニケーションのツール」によって人の生活が変わることが、彼の描いた未来なのではないかとの片鱗を感じることができました。

 

そして、彼が語ったその未来は、彼が作った未来でした。
18年もまえ、私たちがようやくインターネットの入り口にたった頃、彼にはもう次の未来が見えていたのでしょうか?
なんという才能だったのでしょう。


間違いなく彼は時代を作って、時代を動かした一人。


もし、彼が癌で命を落とさなかったら、私たちにもっと新しい未来をみせてくれたかもしれないし、私たちをがっかりさせたかもしれません。
それでも、どちらに転んでも、その未来を一緒に見たかった、そんな気持ちがふつふつと湧いていました。


そして、自分を振り返って感じたこと。
本物とまがい物は紙一重で、その境界に私たちは立っている。
どちらを選択するのも私たちの自由。
私は間違えず本物を選びたい、そう感じていました。


本当はもっともっと上手く言葉にできたらと思いつつ、衝撃の大きさにまだ、上手くまとめられていないのは、私の文才のなさです。
なので、ちょっとでも興味のある人はぜひ本物を見てください。
9月28日(土)からユーロスペースで上映されます。
私自身も、もう一度、見たいし、この映像を手元に欲しい、そう強く感じる映像でした。
ITに関わる人は必見の映画だと思います。

 

■STEVE JOBS 1995 〜失われたインタビュー〜