読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■2013年の私。

f:id:t_seria:20131231180030j:plain

 

今日は31日。
2013年が終わろうとしています。

毎年、毎年、1年間のスピードが速くなってるのでは?と錯覚するくらいの感覚になる。
のぞみに乗って外の風景を眺めていると、酔いそうでじっくり見ていられないそんな感覚に似ている。
そんな私の2013年を時系列で振り返ってみことに。

恐ろしく長文です。
気が向いたら読んでくださいw。

1月。

たいてい1月は軽井沢オープンに参加するところから始まる。
どんなメンバーと出たか、もう、覚えていないw。
もうひとつのイベントは北海道へのスキー。
何だか仕事が忙しい時期だったので、パソコンを持っていたのが運のつき。
ゲレンデにいるとき以外は部屋で仕事してた、そんな気がする。
しかもこの時期の北海道に雨に降られるついてない旅行でした。
ああ、雨女から抜け出せない。

2月。

四大陸選手権を見に大阪に遠征。
このチケットが私の手元にたどり着いたのはひとつの奇跡。
この大会にゆづが出ると思っていなくて、手配していなかったことを残念に思っていたところ、
会社の同僚の知り合いが譲ってくれるとのこと。
私が、「ゆづが、ゆづが」と普段から、口にしていたので、覚えてくれていたらしく。
そして、とっても仲良くなったゆづ友さんともこの四大陸で一緒に観戦したのが始まりでした。
いまは月に一回くらい、ご飯を食べながら、ゆづを語り合うことも、度々。
素敵な出会いに感謝。
もうひとつのイベントは「あさまラブリエ」というカーリング大会。
女性のための大会で、いつも執事がいろいろ頑張ってくれる、素敵な大会です。
試合よりも、お嬢様のように扱っていただける、それが楽しくて、遊びにいっています。


3月。

世界フィギュアでゆづを見て、あり得ないほど泣いた日々でした。
ショートの日はリアルタイムで見れず、そのあとも結果を聞いてほとんど見れず。
その日、行くはずだった指田さんのライブにも行けず、どん底。
勝つ、負けるではなく、自分の思った演技ができなかったことがあまりにも切なくて。

実はこのショートの次の日。
カーリング仲間がミックスダブルスの世界選手権に出場することになって壮行会の幹事をしていて、
嬉しいこと、と切ない気持ちの入り交じった何とも言えない一日になったのを今でも覚えています。

翌日、フリーでゆづが満身創痍のなか、すべてのジャンプを跳びきったのをライブストリーミングで見ながら、
ジャンプが決まるたびに、号泣したのも、今では懐かしい思い出。

仕事ではあるお客様に製品のよさを分かっていただき、バタバタとご購入いただき、とても嬉しかったのを覚えています。
あまりに3月末にギリギリで事務手続きが恐ろしいことになっていましたがw。


4月。

この月はカーリング月間。
しゃぶしゃぶが食べられるCASカップ。
ここではその日、二十歳の誕生日を迎えるカーラーと知り合うことに。
20歳の誕生日にカーリングに一人で来ちゃうようなカーリング好き。
若くて、これからの彼がどんなカーラーに育っていくのか、本当に楽しみです。
頑張れ!

そして、青森で開催されるお花見カーリングに参戦。
たっぷり観光して帰ってくる気まんまんだったのに、思いのほか、勝ってしまいたくさん試合ができました。
青森で感動したのは、食べ物。
透明で綺麗だったイカ。柔らかいのに歯ごたえのあるホタテ。
そして、自分で好きな具材を乗っけてつくる「のっけ丼」
美味しいものを食べるということは本当に幸せなこと。
そして、いつもいつも温かく迎えてくれる東北の方々とお会いできる貴重な機会。
もう、帰りの新幹線で、来年も来ようね、と話をしていたくらいでした。

5月。

カーリング月間、続く。
岡谷で開かれるやまびこカップ、そして、信州グランプリ、最後は山中湖の月例大会。
3週連続カーリング。
やっぱり、馬鹿、なんだよね、私w。
やまびこカップでは夜に「カードゲーム」にどっぷり嵌り。
酔っぱらいながら、やった「さるやま」最高で、自分で買っちゃった!
ルールが簡単で、でも性格が出るようなゲームは燃えますね。


6月。

後半に向けて、大きく舵を切った月。
Art on ICEというアイスショーを見に行き、カナダ行きを決めた月。
ゆづがグランプリシリーズで日本に来ないことが分かっての決断。
ここでも、ゆづ友さんが一緒だったから、その流れに勢いがついたのかもしれない。

あとはやっぱりカーリング。
軽井沢でミックスオープン大会に参加。

締めくくりはDream on ICE。
母を連れて新横浜へ。
この日は最前列。
そして、「パリの散歩道」を見るのに一番のポジション。
これ以上、虜にさせてどうするの?という1日。

ここまで書いていて気づく。
私の週末にはカーリングとフィギュアしかない、らしいw。


7月。

この頃、仕事上の役割がちょっと変わることに。
やることは変わらないのだけど、新しい人間関係を作るのにちょっとだけ苦労。
関わる人が多すぎて、名前が覚えられないw。

そんな中で、仕事仲間と福岡へFaOIを見に。
12月、グランプリファイナルでここに帰ってくることを願いながら。
女の子との2人旅はお食事も充実してて楽しい。
福岡で食べた、もろもろ、本当に美味しかったんだよね。
特に水炊き。

ゆづのStoryは私の好きなプログラムのひとつになりました。
そして、ここから、ゆづ不足の日々が10月のカナダまで続きます。

この頃は出張で札幌に行ったり、静岡に行ったり、していて忙しかったな。
あと、缶詰で受けた研修で、英語づけで死にそうにもなってたりして。
そう、ようやく転職して、1年になっていました。
振り返る暇がないくらいバタバタした毎日。
前の環境と比べると自由度は高くなったけど、仕事量は増えました。
それでも今はこの環境が気に入っています。

職場に女性が多くなったので、ランチに一緒に行く、なんてこともあるのですが、
前の会社にいたときにはそんなことは想像もできなかったので、新鮮でした。

8月。

毎年参加している夏のカーリング大会。
山梨オープンに参加。
この大会は今年でいったんお休み、と聞いたのでちゃんと参加しなきゃ、と。
勝つと桃の頂ける大会で、ちょこっとだけ、頂いて帰りました。
幸せでした。

この大会のあった日、甲府は41度を超える暑い暑い日でした。
そんな中でのカーリングってとても贅沢だよね。
さらに実家が近いからと差し入れを持ってきてくれた肉食仲間。
会場の寒さに驚いていました。
今度は一緒にカーリングしましょう。

もうひとつは今年のチャレンジ。
やったことないことに挑戦する、というそれ。
ラフティング。
雨のあとで水量が多くて、とてもダイナミックで楽しかった!
年にひとつは挑戦してる、チャレンジ。
来年は何にしよう。

9月。

この月は外でのお食事がとても多かった月。
スイーツの会があったり、文房具カフェにデビューしたり、美味しいものを食べる会のみなさんとイカセンターに行ったり。
北からのいらしたおじさまと新宿でお茶をしたり。
何となく関係が続く人たちって、何か共通点があったり、新しいことに気づかせてくれる人たちだな、と思うんです。
素晴らしいみなさんのおかげでいつも私は楽しく過ごさせてもらってるな、と。

もうひとつ、大きな出来事は上高地にハイキングに行ったこと。
15Kmを歩いてくたくただったけれど、あまりの素晴らしさに日本の中にこんな素晴らしいところがあることを再確認。
次はもうちょっと高いところまで登りたいな、と思いながら、挑戦は来年かな。

10月。

しょっぱなから2週連続でカーリング大会に参加。
片方はミックスダブルスという男女2人でやるカーリングで体力勝負。
信州オープンは何となくなりゆきで。

ゆづはフィンランディア杯で優勝からシーズン開幕。
さい先のいいスタートだな、と思っていました。

そして、この月、後半はスケートカナダを見にセントジョンまで行きました。
何せ遠い。
カナダの端っこまで、行くはめになるとは思いもよらず。
ここでも新しい出会いが。
現地観戦にきた新たな方々とお友達に。
北米の量の多いお食事を一緒にシェアさせていただきました。
その後も福岡、全日本のさいたまで一緒にご飯を食べたり、楽しくおしゃべりしたりができるようになり、フィギュアオタクになったことでまた人の輪が広がっていくのを感じました。
大人になってからそうやってお友達が増えるってあまりないよね。
とても素敵なことだな、と本当に思います。

11月。

この月もカーリング月間。
気づいたら、3週連続でカーリングしてた。
フィギュアに軸足が動いたと思ってたけど、そんなことはなかったw。
実業団大会では、いつも一緒にチームをくんだことのないメンバーと組んで挑戦したもの楽しかった!
いろんな人と一緒にやると、いろんなものが見えてきて,カーリングの奥深さにまた嵌るのでした。

12月。

グランプリファイナルを見に福岡へ。
ゆづが優勝して、それをたくさんの人たちと分かち合えて幸せでした。
また、足を伸ばして長崎で食べた皿うどん、ちゃんぽんも美味しかった。
遠征の醍醐味だよね、これ。

そして、運命の全日本選手権
今年は母を連れて行きました。
そう、アイスショーですっかり嵌ってしまったので。
激戦をゆづが戦い抜いて、ソチの切符を手に入れることができて本当に、よかった。
あと、初観戦のお友達にもチケットを用意してのですが、生観戦のよさを分かっていただけたらしく、
また、一緒に見に来ることもできるのが楽しみです。

この月はカーリングは控えめ。
ちょっとだけ、御代田でカーリング。
〆は野沢温泉にスキーに。
スキーはそこそこやって、温泉を堪能。
雨女の私にしては珍しく晴天。


あまりに景色が素晴らしくて、そんな景色とともに私の1年が終わっていくのでした。


はあ、振り返ったら、遊んでばかりね、私w。
その合間に仕事をしてます。あ、だから忙しいのか。

そんなこんなで何とか、31日のうちに振り返ることができました。
一緒に遊んでくれたみなさん、本当にありがとう。
みなさんがいてくれるから、私は元気で楽しい日々を過ごしているのだと思います。
そう、いろんなエネルギーをいろんな方から頂いています。

来年はソチオリンピック
カーリングも、フィギュアも追いかける私にとっては、またまた忙しい日々ですが、
4年に1度のスポーツの祭典を楽しもうと思います。

みなさん、また、来年も遊んでくださいね。