読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■NHKの本気に何度もびっくり! 〜カーリング日本選手権〜

私にとっては恒例のカーリング日本選手権の時期がやってきました。
冬季アジア大会のある今年は例年よりも早めのスケジュールです。

応援しているチームが日本選手権に出場していることもあって、ここ数年、現地観戦に出かけています。
軽井沢、常呂、青森。
常呂に行った時には猛吹雪に見舞われ、女満別空港閉鎖とか、国道封鎖という貴重な体験まで来たり、青森に行った時にも到着したタイミングから雪が降るという嵐を呼ぶ女っぷりを発揮しつつ楽しんで来ました。

トリノオリンピックでようやくたくさんの人に認識されたカーリング。
私もオリンピック後、カーリングを始めたクラスタのひとりです。
(あくまでのんびりした趣味カーラーですが)

日本選手権を見始めた頃は、ほぼテレビでの扱いはありませんでした。
結果は現地に行くか、テキストでスコアを確認するしか選択肢がなく、ハラハラしながら、点数を見ていた記憶がうっすらとあります。
少しづつ状況は良くなって、ライブストリーミングで試合が見れるようになり、テレビでも予選が放送されたり、ちょっとづつ、ちょっとづつそれは進化して来ました。
カーリングをたくさんの人に知ってほしいという私にとっては嬉しい変化です。

どんなスポーツでもそうですが、結果は周りの環境をドラスティックに変えて行きます。
男子も、女子も平昌オリンピックに出場できそうな光が見えて来て、メダルに手が届きそうな距離に近づいて来た影響がNHKの本気っぷりで私たちに示されました。

もう、それは、昔を知っている人には驚きでしかありません。

まず、NHK-BS1での放送。
予選期間中、毎日のようにほぼライブで放映されるって、聞いただけでもテンションが上がります。
その上、NHKストリーミングでも放映されると。
予選は一つの競技時間帯に4試合が同時に開催されますので全ての試合が放映されるわけじゃありませんが、それでもびっくりで、すごいことには変わりません。
さらに、今までと同じようにUstreamを使ったライブストリーミングも放映されるとか。
仕事で全部を見れない、という事実を除いては、盆と正月がいっぺんに来たくらいの嬉しさです。

競技の放映だけでなく、NHKのサイトにカーリングの日本選手権の特設ページができたり、ニュースで特集として扱われたり、プロモーションのための特別番組が組まれたり、日々、耳に入ってくる情報に驚きを過ぎて言葉が出ないくらい。

しかも、BS1で皮切りに放映された試合は男子の試合でした。
そう、男子ですよ!
今まで、あまり目立たなかった男子。

もう、平然を装うことが難しいくらいに、嬉しくなってしまいました。

残念ながら、日帰り出張で朝早く家を出た私はその試合を見ることは出来ませんでしたが。
これから一週間、毎日、カーリングを見ることができるなんて、本当に、幸せ。
マイナースポーツもこうやって日の目を見る日がやってくるんだな、を実感しています。

もちろん真価を問われるのはオリンピックに出場して、メダルを取ってからなんだろうとは思うのですが、このNHKの本気に答える結果に繋げられるよう私も応援して行きたいですし、少しでもカーリングの良さを知っていただけるようにできることを細々として行きたいと思います。


【カーリング日本選手権 放映予定他】
■NHK放送予定(BS1/ライブストリーミング)タイムテーブル

■Ustreaming放送タイムテーブル

第34回 全農日本カーリング選手権大会 - 公益社団法人 日本カーリング協会

■テキスト速報ページ

■対戦表

第34回 全農日本カーリング選手権大会 - 公益社団法人 日本カーリング協会