■言葉はそれほどに自由なのか? 〜2017年、また同じモノを見かけるとは〜

ずいぶん前にブログに同じタイトルの記事を書きました。
もう、それは懐かしい、懐かしい出来事だと私は思っていたのですが。
そんなものにもう出会わないといいな、という淡い期待は、淡い期待だったということです。

あの頃、私は羽生結弦アンチの言葉の暴力にこの言葉を投げかけました。
今はフィギュアではなく、バレーボール界隈で同じようなものを見かけるようになりました。

確かにSNSの発言は個人のものです。
こんな言葉は使ってはいけないという制御があるわけではないのです。
何を言おうが自分の勝手でしょと言われたら、はい、そのその通りですと私も答えます。

そう、言葉にする自由はあります。
でも誰もが見ている場所で紡がれる言葉は誰かが見るのです。
その言葉を見て、共感する人もいれば、反感を持つ人もいる。
怒ったり、悲しい気持ちになったり、感情が動いてイライラした気持ちになる人もいるんです。

嫌なものは見なければいいじゃない?っていうけれど、同じ趣味を持っていて、TLを作っていると完全にその言葉を排除することは難しいでしょ?

自分が言いたいことを言う自由があるのと同じように、受け取った相手がその言葉に対しての意見を言葉にすることも同じように自由なのです。

自分が誰かに向けて人を傷つけたり、貶めたり、卑下するような言葉を使ったら、それを大事にしている誰かにとっては不快だととられるだろうな?ということぐらいは想像がつくと思うのです。
見なければいい、とか、そういう問題じゃないんです。

大人になってもそんなこともわからないのかな?とそれはとても残念です。

強い言葉を使ったら、自分にそれは返ってくるんです。
それを避ける方法はないのです。

なんでも自由にしたらいいと思いますよ。
でも、それは批判を受けない、反論をされない、感情をぶつけられないということを保証するものじゃないのだとわかっていればいいんじゃないでしょうか?

私は貴方の言葉の数々が不快です。

事実でもないことをまるで事実かのように言葉にすることも。
自分がすべてを分かっているかのように振るまうことも。
重箱のすみをつつくような欠点をあげつらうことも。

こんなことを言われたらきっと頭に来るでしょう?
それと同じことを国を背負っているアスリートにだからしていいというロジックは私には理解できません。

だから、言葉にし続けます。
その言葉の数々は不快だと。

貴方も言うように、言葉にするのは私の自由だから。
そして、いつでも反論を受ける覚悟はあるから。

言葉はそれほど自由じゃないんだよ。
分かるよね、大人なら。

■Fire TV Stickがお家にやってきた

この間、Amazonのセールのときに、とうとう、買っちゃったのよ、これ。

 

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

 

 最近はスポーツ観戦で、テレビだけじゃなくて、ネットで観戦することが増えたんですよ。
Youtubeとか、DAZNとか、SportsNaviとか。
そのたびに、PCをテレビに繋いで見てたんだけども、それもねぇ、面倒で。
どうしようか、考えた結果の選択がこれでした。

手元に届いてからも忙しくて、ようやく今日の朝、セットアップ。
今時のこういうツールは本当に簡単にセットアップできる様になってて。
驚くくらいに簡単でした。

今日は一日、予定がない日だったので、海外ドラマを見たり、映画をみたり、涼しいリビングで一日中、活用させていただいてます。
いい時代になったよね。

インターネットで配信される動画がこんなにも当たり前にお茶の間で見れるなんて。
私がインターネットを使い始めたころ、ネットワークを逼迫させるからという理由で、1MB以上の添付アイルが嫌われた、、、なんて時代だったこと懐かしいです。

このブロードバンド時代(この言葉すらも最近は死語な気がする)は日に日に渡した師の生活を変えていく実感をこんな些細なところから感じる土曜日になりました。

それにしても、こんなもの手に入れると更に廃人になっていく、、、ことしか想像できないです。

■肉は人を幸せにする 〜お肉屋 けいすけ 三男坊〜

私は肉食女子です。
この事実を隠したことはないです、多分。
疲れてきてパワーがほしい時も肉だし、テンションあげあげの時も肉。
そう、肉がなければいきていけない私。

なので、複数の肉食の会が存在してて、定期的に美味しい肉を探しているのです。
会社の肉食仲間と昨日、行ったのはここ。
お店の場所が一番、最初の会社の近くでちょっとセンチに。

あの頃見てた風景とはまるで違うものがそこにはありました。
私も、この街も、長い時間の中で変わったってことなんでしょうね。

 

さて、お伺いしたお店はこちら。

ちょっと、お値段は高めですが、まじで、美味しかった。
肉食は変わらなくても、年とともに量が食べれなくなってきているので、ちょっとづつ、いろんな美味しいものをいただける、という感じのお店が最近は楽しいな、と思います。

まずは、前菜。
なすの上に肉がのっています。

f:id:t_seria:20170721195402j:plain


次はミノのサラダ仕立て。
あっさりしてこの時期にはピッタリ。

f:id:t_seria:20170721200034j:plain


幸せのビーフシチューコロッケ!
手前のソースがマスタードとトリュフ(だった気がする)がたまらなく美味

f:id:t_seria:20170721200751j:plain

本命お肉の第一弾はタン。
こんな分厚いタンは見たことありませんw。

f:id:t_seria:20170721201247j:plain

焼いた後落ち着かせるために、この中に入れてしばらく待ちます。
待つ時間はよりお肉を美味しくします。

f:id:t_seria:20170721202329j:plain

そして私の口に入った、タン。
分厚くて、柔らかくて、タンがこんなに美味しいものだと初めて知った(言い過ぎw)。

f:id:t_seria:20170721202804j:plain

そして、超本命。
この色とツヤ。もう、美味しいことは見ればわかります。
お兄さんが丁寧に、丁寧に焼いてくれたお肉はほんと、美味しかった。

f:id:t_seria:20170721202927j:plain

そして、〆のラーメン。
食べ終わった後に、フルでもう一回食べたい!と思わせる旨さ。
(実際にはお腹いっぱい過ぎて無理w)。 

f:id:t_seria:20170721212626j:plain

デザートは凍ったチーズケーキ。
とってもあっさり。幸せな時間でした。

f:id:t_seria:20170721215130j:plain

美味しいものを食べに行くと、最後の方にだんだん写真が雑になるんです。
そう、食べることに夢中になっちゃうので。
もう一回、来たい、と思わせる美味しいお肉の数々でした。

お陰で、今日も幸せ気分です。


参考までに、本日のコースのメニュー全体はこんな感じです。

■お肉の前菜
■ミノのサラダ仕立て
ミノのステーキとエシャレットとピーナッツオイルで
■ナムルの盛り合わせ
■厚切り牛タン
タン元の柔らかい部位を厚切りで
■けいすけ風ビーフシチューコロッケ
■高森和牛の生ビーフジャーキー
塩漬けした熟成高森和牛の瞬間フリット
■お口直しのサラダ
■厳選2種盛
■高森和牛の極上塊焼き
本日一番の赤身を贅沢に塊で
■〆の牛骨ラーメン
■本日のデザート
スノーアイス 

■観戦日記Figure - Dream on ICE in 2017

初めてDOIを見に来たのは、2012年の夏でした。
(↓詳細はこれ)

それから毎年、毎年、足を運んでいます。
最初はただ、ただ羽生結弦を見たくて行っていたのですが、だんだんこのショーの位置づけが分かるようになります。
大抵の選手はここで新しいシーズンの新プロをやってくれます。
その演技を見て、今年は誰が来そうだな、とか、そんな予想をするのが楽しいのです。
不思議とここで見た印象は外れることがないんですよね。
 
町田くんが覚醒した時も、
理華ちゃんのキダムに驚いたときも、
そして、ゆづのバラ一も、SEIMEIもDOIで見たときに、、、すごいことになるな、これ、って思ったものです。
 
去年は新横浜ではなく長岡で、そして、今年は新しい新横浜で、残念ながら羽生結弦を見ることはできませんでした。
ドヤ顔でオープニングに出てきて、最後まで、ドヤって引けていくその姿をどこかで懐かしく、そして寂しく思いながらも今年もショーを楽しんできました。
 
今年の感想とざっくりまとめると、、、。
 
女子の全日本恐ろしい。
 
真凛ちゃんも、舞依ちゃんも勝負プロで、勝負衣装を持ってきたな、というのが最初の印象で。
特に真凛ちゃんは気迫というか訴えるものがすごくつたわる感じで。
今年にかけているんだ、というのを感じました。
 
新葉ちゃんは、正直、ちょっと、私から見ると残念な感じがします。
もちろん、表現力を磨こうという気持ちは分かるのですけれど、いいところが隠れてしまっている気がして。
なんというか、彼女のキャラは、真凛ちゃんみたいなしっとり系って似合わないと思うんんですよね。
それより、カナダ女子みたいな迫力のあるスタイルを目指したほうがしっくりハマるような気がして。
ジュニアで彼女を生で見たときの、恐ろしい疾走感とか、強気なリカバリーとか。
そういうのが生きる選択をしてくれたらいいのに、とふと。
DOIのプログラムはEXのようでしたので、ぜひ、競技プロでは戦う彼女を見たいな。
まだ、こういうのに収まるには早すぎる、、、と私は思ってしまいました(個人的な意見ですが)。
 
花織ちゃんのプロは、ゆづのホプレガに似ている気がしました。
すべてのエレメンツがきちっとハマった時、ものすごく、結果に繋がるプロかな、、、と。
プログラム全体が静かに流れて行く感じなので、エレメンツの失敗が空気を壊しちゃう。
それを踏まえて、これを完成させたときの彼女の演技を想像すると、、、、とても楽しみ。
 
そこに宮原さんがどんな風にカンバックしてくるか、で勢力図は決まるのかもしれません。
女子は代表が決まるまで全く息をつかせない感じになるんだろうな。
 
男子の2枠はたぶんよっぽどのことがない限り、ゆづとしょーまだろうと思っていて。
誰が3枠目をもっていくかが見どころになりそう。
私がDOIを見た印象では去年は刑事くんだったけど、今年は無良くんのほうが来そう。
身体も引き締まった感じがしたし、ジャンプの軸がより細くなって、安定した感じでした。
スピンもバリエーションが増えたなというのと、柔らかい演技がハマるようになってきたから、これで新しいオペラ座やられたら、、、きっとやばい、は想像できる。。
刑事くんの身体の使い方は私は好きだけど、選曲があってない気がしたな。。
いろいろ試してみたいというのは分かるけど、、、古い、、、感じ?
ちょっと、イケメンの無駄遣いな気がします(こういう感想でいいのかw?)。
 
でも、今回のDOIの空気をひとりでさらっていったのは、多分、ネイサン。
出てきた時、こんなにかっこよかったっけ?と自分に聞きたくなったもん。
オープニングからキレッキレで、そこだけ別のスポットライトが当たっているようでした。
 
ネイサンのジャンプは軸が細い上に、ものすごく高くて。
演技をみてて思うのは自分を見せるのが本当に上手だな、ということ。
回を追うごとに彼への声援が増えていくのも現地で感じました。
 
もちろんしょーまもゆづのライバルの一人だと思っているけれど、やっぱり、鍵はネイサンじゃないかな、と。
彼の立ち姿には、王者になれる風格が備わっていると思います。
立ち姿と、オーラは作れるものじゃないのかな、とぼんやりと彼を見ながら思っていたりしました。
そう、金メダルを取るのにふさわしい空気をまとった男だな、と。
 
それ以外ではDOIでたくさんのカップルが見れたことは収穫でした。
日本では難しい種目だけれど、着実に裾野は広がってるのかなと思えたので。
しかし、今時のジュニアは大人っぽいよね。
一緒に見に行った女子大生も、びっくりな雰囲気でした。
 
最後に新横浜のリンクを去る時、もしかしたら、これがDOIに来るのは最後かもしれないと感じてました。
来年、オリンピックの凱旋公演的に出場するのかもしれないけど、もう、ゆづの新しい競技プロにワクワクすることはきっとないんだろうという寂しさがこみ上げてきます。
 
こうやってひとつづつ、最後の時を積み上げて、その日を迎える覚悟をちょっとづつしている最中なのでしょうね。

■2017年の半分を振り返る 6月-June

バレーボールにハマる前の私の6月はたいていアイスショーのシーズンで。
あっちに行ったり、こっちに行ったりしてたけれど、今年の6月はバレーボール一色。
 
楽しみにしていた龍神NIPPONのWLが2日に始まり、ネット観戦からスタート。
事前にメンバーを見て、こんな風になるのかな、はいい感じで裏切られて、でも、希望を感じるチームになってて、どの試合も見るのが楽しみでした。
 
現地観戦に行った高崎では3戦3勝。
しかも、柳田くんのサービスエースで劇的に勝った試合を現地観戦なんてなんて贅沢。
その日はエンドの一番前の席だったし、幸せの極みでした。

去年のWLで何をしても勝てそうになかったチームは、「何かやらかしてくれそう」なチームになっていました。
OQTを戦ってきたメンバーは一回りも、二回りも大きく成長しているように見えたし、初選出の選手も、求められている役割をはたして、チームの雰囲気もとてもいいな、と感じました。
もちろん、勝てそうな試合を落としちゃったり、まだまだチームとしての形ができてないところもあるけれど、5月から始動してこの結果につなげたことがすごかったな、と。
グループ2とはいえ、準優勝ですよ。
 
まずまずの結果でスタート出来てよかった、ほんとに。
彼らがこのまま2020年まで突っ走るのか、まだまだ紆余曲折で苦しいことを乗り越えながら進んでいくのかわからないけれど、とっても楽しみ。
 
次は世界バレー予選。
現地に行きたかったけど、諸々の理由で無理だったので、ぜひ、予選を突破してもらって、イタリアへ行こうと心に誓うのでした。
 
そして、後半は東日本インカレ。
初めての観戦でした。
 
応援していた中央大学は、石川くん、大竹くんを欠いた状態だったし、他の大学もアンダーカテゴリーのチームに呼ばれてるメンバーがいたり、けが人がいたりで、それぞれ、一番いい状態ではなかったとは思うけれど、その中でも熱戦を繰り広げていました。
 
今回はいつものメンバーに加え、カーリング仲間の女子大生を誘っていったのですが、
見事にその面白さにハマってくれて、また見に行きたいと思ってくれたのが一番の収穫でした。
単純に私は、自分の好きなものがたくさんのひとに好きになってもらえることが楽しいタイプ。
 
カーリングの時も、フィギュアの時も、そしてバレーでも、きっと見たらハマってくれそうだな?という人は積極的に誘うことにしています。
私もそうだけれど、自分のアンテナに引っかかるものを追いかけていくのも楽しいのですけれど、思いもかけない経験が自分の人生を変えることがあることをそれなりに知っているので、そんなきっかけの一つになったら面白いかな、と思っていて。
今回のように、ドンピシャにハマると気持ちがいいものです。
 
面白いな、と思ったのは、誘ったメンバーは基本的に本気でスポーツに取り組んでいる面々だったので、イケメン度の高い選手に惹かれる傾向はあるものの、観戦後に、誰が良かった?と聞いたときに出てきた選手の名前は、ちゃんとパフォーマンスを見た結果で、ああ、やっぱり、アスリートが見るところはそこだよな、と思えて。
 
かっこいいだけじゃ、だめなんだよと、また、気付かされるわけです。
パフォーマンスが伴うから、よりかっこよく見える、そういうことです。
 
試合結果はちょっと以外で、中央は苦戦するか?と持っていたけれど、コートにその時々、立ったメンバーが見事に役割を果たしていて、最後はちょっと手がつけられないくらいに、いい感じの試合でした。
この東日本インカレを通して、私が注目してたのは、武智くんでした。
予選ではセッターもやったと聞いてて、いろいろチーム状況を心配をしたりもしたけれど、彼は、石川くんがいない中で、キャプテンマークを付けたユニフォームでコートに立って、きっちりと、攻守にわたって、そして、チームを纏めるというポジションでも役割を果たしてチームを優勝へと導いたんだな、と。
 
もともと好きな選手なんですけど、いろんな側面を見るたびに、ああ、もっと応援したいと思える選手になりました。
これから秋季、そして、全日本インカレに向けて彼がどんな活躍をするのか、とっても、とっても楽しみです。
 
そして、そんな熱い試合を一緒に楽しめそうな仲間が増えたことも、とっても嬉しくて。
結局、こんな風に観戦三昧の半年を過ごし、後半も、フィギュアに、カーリングに、バレーにハマりまくる時間を過ごすことになりそうです。
 
そのためにも平日はしっかり仕事します。
暑さが苦手ではありますが、、、、乗り切らなきゃ。