読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Social】ニコニコ動画のある毎日

f:id:t_seria:20120424204229j:plain

 

私はつい最近まで、ニコニコ動画を使ったことがありませんでした。
2chっぽいテーストがなじめなかったのかもしれません。
そう、特にそれを使わなきゃ、という場面に出くわさなかったのです。

私が動画を見たり、探したりするケースは大きく2つ。
1つは古い曲のPVを探すとき、
2つめは見逃したドラマや古いドラマをふと見たくなったとき、でした。

前者だとyoutubeでおおむね満足できますし、
後者だと怪しいアジアのサイトを使うことでおおむね要望が満たされるので、
それ以上、何かのサービスを使ってみようという気が起きなかったのです。

そんな私の身に起きた変化。
それをもたらしたのは、フィギュアスケートの「羽生結弦」という選手です。

3月31日。

それは私にとって、何かの転換期だったのかもしれません。
世界フィギュアで羽生くんが演技しているのを見てから、
「彼の演技」の恐ろしい中毒患者になりました。
本当に、本当に、まるで神でも降りてきたんじゃないか、と思えるほど、
すばらしい演技でした。
不覚にも涙がこぼれました。

それは彼がこのシーズンを苦境の中、乗り越えてきたことを知っているから、
だったのかもしれません。

多くの人がそうだったみたいに、私もyoutubeで何度も、何度も、
彼の演技を再生してみました。
もっと、もっと、彼について知りたくなって、googleを使って検索すると、
山のように「ニコニコ動画」のサイトが引っかかってきます。

そこで面白いものを発見します。

羽生くんのフリーの映像を各国の解説で見ることのできる動画でした。
しかも、フランス語、イタリア語、ロシア語、中国語、スウェーデン語、
オランダ語、そして、英語とバリエーションの多いこと。
いろんな国の解説者が彼をどんな風に表現したかを片っ端から見ることができたのです。
さらにびっくりしたのは、その各言語を翻訳して、字幕を入れてくれる人がいることです。
映像がアップされてしばらくすると、みなさんに「翻訳の神様」と呼ばれるひとが、
どこからともなく現れて、見事にその言葉を楽しむことができる。

まさにこの動画サイトはソーシャルなツールなんだな、ということを実感する機会でした。
その他にも、その映像を見て、書き込まれたたくさんのコメントもあり、
一人で感動に浸る、というのとは別の映像の楽しみ方があったのです。

私にとっては目から鱗でした。
自分が食わず嫌いでこんな楽しい世界を見逃していたなんて、
という後悔がじわじわと沸いてきたりしています。

なんでも試してみないとそのサービスの本質というか、
楽しさって分からないものなんだな、と実感中。
まさか、私の生活の中にニコニコ動画が普通にある日が来るとは、
まったく想像したことがありませんでした。

最近は「結弦くん」に関する新しくアップされた動画がないか、を
ニコニコ動画で探すのが日課になりつつある私です。

プレミアム会員への誘惑からどうやって逃げるか、が私の新しい課題です。

普通の人は、どんなニコニコ動画の楽しみ方をしているのでしょう?
ということがだんだん気になってきました。

 

羽生結弦 世界選手権 フリースケーティングロミオとジュリエットより】
【オランダ解説】羽生結弦 2012世界選手権 FS【翻訳】
【CBC】羽生結弦 世界選手権 2012 FS(英語)
羽生結弦 2012 世界選手権 FS【British Euro Sport解説(翻訳付き)】
羽生結弦 2012 世界選手権 FS【Universal Sports解説(翻訳付き)】
羽生結弦 世界選手権2012 FS【スウェーデンテレビ】
羽生結弦 2012 世界選手権 FS【ロシア解説(翻訳付き)】
羽生結弦 2012World Championships FS【tdp】(スペイン語)
≪フランス語(翻訳付き)≫羽生結弦 2012 世界選手権 FS
≪イタリア語(翻訳付き)≫羽生結弦 2012 世界選手権 FS
羽生結弦 2012世界選手権(CNTV・中国語)

※世界から、絶賛されていることがどの映像をみてもよくわかります。